ネタバレ感想

【ネタバレあり】漫画『奈落の羊』全6巻の感想と考察。心が持たん!

2020年9月23日

奈落の羊

 

漫画『奈落の羊』を読んだので、ネタバレ感想をおいておきます。

 

\ クーポンですぐに割引購入 /

 

また、この記事の最後に『奈落の羊』が好みの人にオススメの漫画5選も載せてますので、合わせてどうぞ。

※本記事のebookjapan、U-NEXT、kindle unlimitedの情報は2020年9月時点のものです。最新情報は公式サイトでご確認ください。

【ネタバレあり】『奈落の羊』全6巻の感想と考察

奈落の羊のネタバレ感想

 

巻数ごとに、感想を書いていきます。

 

注意ポイント

以下より、ネタバレが含まれます。

 

1巻のネタバレ感想

クリックすると表示されます

ゾッとした

誰も救えない漫画に出会った、という感じです。

就活から逃げ、生配信で楽にお金を稼ごうとした大学生(シュージ)が、体を売って稼ぐ女(メイ)を見つけ、それを配信材料にするという話ですが、闇だらけでゾッとしました。

登場人物が全員、社会の道から外れており、それでいてダークサイドに振り切っているわけでもなく中途半端に暮らしているので、読んでいる側もヒヤヒヤします。

途中、主人公の友達のいい人そうな男が現れますが、実は最後にソイツが裏で配信のコメを操作していたことが明らかになり、これでもう誰も真っ当な人がいなくなりました。

そしてヤクザらしき人に、メイとシュージが見つかって1巻が終わりますが、これからどうなるんでしょうか。

とてもハッピーエンドで終わるとは思えません。

 

2巻のネタバレ感想

クリックすると表示されます

メイの過去と暴力事件

シュージがメイに少しずつ愛着が湧いてきている模様。

メイの方も、自分を配信ネタにするシュージを敵視せず、逆に感謝しています。

読んでいる側としては、ん?ってなりましたが、実際にそんな状況にいたわけではないので、言い切れません。

そして、裏で操作していた嘉門も、高みの見物しているわけにはいかなくなりました。

ヤクザのおじさんもなんか、裏で手を引いてる感じが出てて、もう誰が黒幕か分かりません

さて、3巻を読みます。

 

 

3巻のネタバレ感想

クリックすると表示されます

良さそうな人が2人

全員ヤバイ漫画でしたが、やっとまともな人が出てきました。シュージの姉とリクオです。

まあ、その優しさにつけこまれてましたけど。

メイも本当は良い人なんですが、良い人すぎて墜ちるとこまで堕ちたって感じ。すぐ洗脳されそうな弱さがあります。

そして、もう少しでシュージの過去、つまりシュージとリクオの確執も解き明かせそうな予感です。結構引っ張りましたね。

というわけで、合コンや海など、小さな出来事がいろいろあった3巻ですが、挙動不審な人が多すぎて、誰が誰を支配しているのかよく分からなくなってきました。

ギバちゃんとメガネの姉さんは一体何者なの?

 

4巻のネタバレ感想

クリックすると表示されます

シュージの過去が判明

シュージとリクオの確執が明らかになりました。どうやらシュージの方が被害妄想で勝手にグループを抜けていたようです。

そして、リクオはやっぱり良い奴でしたね。

風俗に堕ちたシュージの姉と、シュージを救えるのはリクオしかいない!これからに期待です。

そして謎キャラ・ポカリも登場。消えたメイの代わりにシュージの元へやってきましたが、どこか拭えないモブキャラ感。まあ活躍することはないでしょう。

結局、メイを見つけたシュージは2人でどこかへ逃げていますが、もう2人の間に愛情があるのは否定できませんね。

これは、意外にもハッピーエンドに向かうのか?

さて、5巻を読みます。

 

 

5巻のネタバレ感想

クリックすると表示されます

裏の悲しい展開

本編とつながるサイドストーリーが展開。

現代日本では考えられないような、小学生の"売り"。そして格差。

覚悟を決めた小学生たちの、あまりに悲しい現実に、読む目が痛みます。

金持ちのまりんが裏社会に飲み込まれてしまったのは、特に悲しいですね。

そして、裏でつながるユウキ、ギバちゃん。

結局ギバちゃんが全てを支配する黒幕ってことでいんですかね。

シュージ、嘉門、まりん、メイの4人でギバちゃんを倒す勢いですが、どうなるんでしょう。

とにかく、もう鬱展開は懲り懲りだから、ハッピーエンドを見せてください。

 

 

6巻のネタバレ感想

クリックすると表示されます

まさかの黒幕で完結

嘉門が全てを握っていました。少しびっくり。

釈然としない部分はありますが、組織を裏切ったギバ1人が捕らえられてこの漫画は終わりです。

結局、シュージとメイはくっつくことはなかったですね。

2人が恋愛して幸せエンドになるのを期待していたのですが、どうやら作者さんの描きたい絵ではなかったようです。

最後にこの漫画をまとめようと思いましたが、関係性が難しいのでまとめきれませんでした。ごめんなさい。

そして、シュージの姉さんやリクオの存在意義など、言いたいことはありますが、まあこれで完結なら仕方なし。

モヤモヤは残りますが、6巻で走り抜きました。

あと、ずっとメイ視点の描写はなかったんですが、最後に少しだけメイの本心が見えるシーンがありましたね。内容にちょっとゾッとしました。

 

全体としての感想

売春で食いつなぐ女性をキーマンとして展開した本作品『奈落の羊』ですが、この漫画を読んで世界の闇を思い知らされました。

一度でも社会から外れ、底に堕ちてしまった人間は、なかなか這い上がることはできず、堕ちたままである。

そんな悲しい現実を突きつけられたようで、ずっと胸がチクチクしていたのです。

そして、現代世界にも、メイと同じように"奈落"で暮らしている人はいます。

コロナによる不況、リストラ、借金など、一部のトップ層を除いて誰しも"奈落”に墜ちる可能性がある昨今。

そんな厳しい時代で、普通に暮らせて漫画を楽しむことができる幸せを改めて痛感した作品でした。

 

『奈落の羊』:他の人の感想

 

他の人の感想も、いくつかおいておきます。

 

 

 

 

 

『奈落の羊』が好きな人にオススメの漫画5選

 

『奈落の羊』を読んだ人が、次に読むのにオススメな漫画を選びました。

次の表にまとめた5作品です。

 

横スクロールできます

闇金ウシジマくん 生贄投票 蟻地獄 DEAD Tube 外道の歌

 

1つずつ、カンタンに説明していきます。

 

闇金ウシジマくん

闇金に墜ちる人たちの日々を描く

ウシジマくんの経営する闇金融を利用する人たちの、天国と地獄の話。

「裏社会といえば」で有名な漫画です。

 

生贄投票

社会的に抹殺される多数決

高校のあるクラスで始まった、強制的で理不尽な「投票」のお話。

デスゲームではなく、社会的な抹殺なのが逆に怖いです。

 

蟻地獄

インパルス板倉さんの小説が原作

裏カジノでイカサマがバレた男が、ヤクザの無理な要求に奮闘する話。

全4巻でサクッと読めます。

 

DEAD Tube

規制のない配信はどんどん過激に

「再生数を稼げたらなんでも良し」な動画サイトをきっかけに、血みどろな展開が始まる話。

「配信で稼ぐ」という点では『奈落の羊』と似ています。

 

外道の歌

どこか優しいダークサイド

十分な裁きを受けていない犯罪者に、復讐代行の主人公が、独自に制裁を与えるという話。

痛々しいシーンを背に、ほっこりした優しさも感じさせてくれる漫画です。

\ 最大50%ポイント還元 /


以上が、『奈落の羊』とどこか通じるオススメ漫画です。

興味のある作品があれば、ぜひどうそ。

 

 

ではでは 、今回はこれで失礼します。

 

-ネタバレ感想

© 2021 大人のマンガ部 Powered by AFFINGER5